本文へスキップ
  • 以外と知らないブラッシングの重要性
  • 実際私もそうでしたがブラッシングをするたび抜け毛が気になるのでブラッシングは必要ないのかと思っていました。しかしキチンとしたブラッシングが重要な要素だと初めて知りました

朝ブラシをかけるとすごい抜け毛・・・
そのたびに朝からへこんでしまうのでブラッシングはしませんでした。
しかし私の知り合いのプロのエステティシャンの方に伺ったところ、ブラッシングはシャンプーで頭皮をキレイにするより大事な事だと言っていました。

なんでもブラッシングをする事で汚れを浮かし、マッサージ効果で血行を促進してくれるというのです。
そこでここでは私が専門家から聞いた正しいブラッシングをお伝えしたいと思います。

◇ブラッシングの3大効果

まず一つ目は絡まった髪の毛をほぐしてフケや汚れを浮かせてくれる効果です。髪を清潔な環境に整えてくれます。

二つ目は髪への潤い効果です。髪に必要な皮脂を根元から髪先までブラッシングすることで髪をつややかにし、潤いのある髪質に保ってくれます。

三つ目はマッサージ効果です。髪を優しくブラッシングする事で適度な刺激を施しマッサージ効果が期待できます。

◇ブラッシングはいつ行うのが効果的??

ずばりシャンプーや育毛剤を使う直前です。
美容室でも髪を洗う前に軽くブラッシングしますね。これは汚れを浮かせ余分なフケを落とし頭皮の皮脂などを取り除きやすくするからです。
それと絡まった髪をほどいてくれるのでシャンプーを使用した際の抜け毛を予防してくれます。
私も実際シャンプー前にブラッシングをする事で抜け毛が少なくなったと実感しています。

ですのでシャンプーをする前、そしてお風呂後のドライヤーで乾かした後育毛剤を使用する直前がもっとも効果あります。
頭皮が温まり清潔に保たれているのでブラッシングをする事で育毛剤の浸透も手助けしてくれます。

◇ブラッシングをしてはいけない時

頭皮にかゆみがあったり紫外線による日焼けなどでヒリヒリしたり刺激がある時は控えましょう。あとは頭皮にできものや湿疹がある時もしてはいけません。

◇良いヘアブラシの選びかた

ヘアブラシを使う際はブラッシング専用のヘアブラシを使って下さい
ドライヤーで乾かす時のロールブラシや目が細かすぎるブラシはブラッシングには向いていません。

それと硬くて柔軟性のない金属製のものや、静電気が起きやすいナイロン製、プラスティック製もいけません。

動物性の毛先を使っているものがお勧めです。

毎日使う物ですから素材がよく頭皮に優しいものを選ぶべきです。
私は猪毛を使ったブラシを使っています。

肌触りが良く、先端が柔らかいため頭皮に優しいのが特徴です。
何よりすごく気持ちいい!!!

ストレスが溜まった時やイライラしている時にブラッシングすると癒されます。

最近はヒマさえあればブラッシングしてます。

奮発して買ったかいがありました。すごいお勧めです。

  ↓  ↓  ↓


他にも豚毛や静電気を抑える新素材セシオンを使ったブラシもお勧めです。
金属製のものやプラスティック製のものは使ってはいけません。


◇正しいブラッシングの仕方

1 乾燥している時は霧吹きなどで軽く湿らせると切れ毛や抜け毛を  予防できます。椿油などをつけても効果があります。

2 根元から強くブラッシングしないようにしましょう。根元から抜  ける原因になります。
  まずは毛先からそおっとほぐすように行うのが基本です。
  引っかかりがあり、なかなかほぐれないような時は水で濡らし、  手で支えながら髪をとかしましょう。

3 毛先がほぐれてきたら真ん中あたりをブラッシングし、最後に根  元へ向かいます。この時の動作はとにかくゆっくりする事です。

4 最後は根元から毛先へゆっくり流していきます。豚毛や猪毛のヘ  アブラシなら頭皮に軽く当てるように流して下さい。気持ちいい  ですよ!!













スタッフ写真